ひとりキリ★ひとりぼっちのキリッシャーブログ

育児中キリッシャーのブログ。ゴールデンボンバーのことや育児のことなどをこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

寝返り失敗で危うく脱臼するところだった!?脱臼した赤ちゃんの様子と見分け方

昨日息子がうつ伏せの状態から寝返りをした時に右腕が下敷きになり、大泣きしてしまいました。

幸い脱臼はしていなかったようです。

脱臼したときに見られる子どもの様子や見分け方を調べたので記録しておきます。

 

 

寝返り中に大泣き

f:id:namesho:20140722160405j:plain

息子は私と夫のすぐそばにいて、うつ伏せの姿勢で頭を上げてバタバタ手足を動かしていました。
しばらくして、突然泣きだしました。
バッと息子を見た時、寝返りをして身体は仰向けになっていたけど、右腕を背中の下に敷いたまま。
すぐ抱っこして、しばらくあやしているとだんだん落ち着いてきましたが、肩の脱臼が心配だったので、赤ちゃんの脱臼について調べることにしました。

 

 

脱臼の疑いがある時の赤ちゃんの様子

・泣き止まない
・長い時間ぐずる
・腕を動かすと泣く

---赤ちゃんの肩の脱臼~症状を見極めるには?貴方はお子さんの異常に気づいてあげられますか? | B-style

大泣きして落ち着いたあと、上記のような様子は見られませんでした。

あやして一旦落ち着いても、脱臼が治らない限りまた泣いたりぐずったりするとのことだったので、昨日の夜から注意深く観察していますが、特に変わった様子はありません。

 

 

脱臼の見分け方

【お菓子を頭より上の位置に差し出す】

通常であれば、喜んで手を伸ばし受け取ると思うような、本人の大好物(おやつ・果物)
でも、脱臼しているときには、まず、腕があがりません。
よって、お菓子を受け取ることができません。このような症状がみられた場合には脱臼を疑いましょう。

---これって脱臼?!お子さんが見せる脱臼のSOSを見逃さないで | 健康の情報・体験談はカラダノート

相手が赤ちゃんなので、お菓子ではなくおもちゃで気を引いてみました。

自分の膝の上に座らせるように抱っこして、頭上でシャラシャラ音の鳴るおもちゃを見せたところ、おもちゃを取ろうと両腕を伸ばしてきました!

 

 

【肩の位置から、指先の位置までなぞる】

お子さんを近くに呼んで、お子さんと同じ目線になるようにママが膝立ちをします。お子さんの両肩にママの両手をあてて、ゆっくり、指先までなぞってください。

---これって脱臼?!お子さんが見せる脱臼のSOSを見逃さないで | 健康の情報・体験談はカラダノート

まだ立てないので、仰向けに寝かせてやってみました。
左右で差もなく、痛がったりする様子もありませんでした。 

今も問題なく右腕を動かしているので、大丈夫そうです。

 

 

肩の脱臼の原因

1.抱っこ
2.洋服の脱ぎ着
3.寝がえり


赤ちゃんの肩が脱臼してしまうことには、主にこの3つのことが原因として考えられます。

腕を引っ張って抱っこをしたり、洋服を着る時に引っ掛けてしまったり、または赤ちゃん自身が寝返りをしたときに自分の腕を巻き込んでしまうなどのことが代表例です。

---赤ちゃんの肩の脱臼~症状を見極めるには?貴方はお子さんの異常に気づいてあげられますか? | B-style

赤ちゃんや子どもの関節はまだまだ未熟なので、ちょっとのことでも脱臼になる可能性があるそうです。

日頃から気をつけないといけませんね。

それでも寝返りは…防ぎようがなさそうなので少々不安です…息子よ、気を付けて(>_<;)

 

 

もし受診する時には 

整形外科か小児科に行きます。

整形外科なら専門なのですぐ治してくれるでしょう。
小児科だと、診てくれてもそこで対処できなければ別の病院を紹介される場合があります。
もし近くに整形外科がなければ、とりあえず小児科のかかりつけの先生に診てもらって、どうしたらいいか相談してみるといいかもしれません。

 

 

 

今回は幸いなんともなかったみたいで…本当によかったです(´;ω;`)