読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりキリ★ひとりぼっちのキリッシャーブログ

キリッシャーのブログ。翔さんへの愛を叫んだり、翔さんが考えることを一緒になって考えてみたり、ゴールデンボンバーに関連する情報等をこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

翔さん、ざっくりした観光名所の解説がおもしろいわね

キスミー 調べたこと

翔さんがエジプト旅行の時の写真をたくさんアップしてくれましたね\(^^)/

旅行写真にまでサプライズがあるとは思いませんでした(笑)

 

18時間30分かけてエジプトへ

ameblo.jp

日本からカタールのドーハまで12時間。ドーハで3時間30分待った後、3時間かけてカイロへ。
やはり遠いですね。

福岡からだったら、エジプトツアーのパンフレットを見る限りだと、関西国際空港や成田空港からエジプトに向かうようなので、そこに行くまでの時間がまたかかることに…(((^^;)
もし行けることになったら…待ち遠しくてたまらなくて、長い移動に疲れはするだろうけど、期待に胸膨らんでるから多分気力は持つと思います(笑)
帰りは外の景色を見る余裕もなく爆睡でしょうね(((^-^))) 

エジプトの上空は、砂のせいか本当に茶色っぽかったですね。ビルのような建物も土でできてるのかと思うほど、茶色一色でびっくり。

 

 

ナイル川クルーズ

f:id:namesho:20170222113802j:plain

ディナークルーズですね!
ディナーを食べながらベリーダンスショーを楽しんだり、カイロの夜景を眺めたり…優雅なひとときを過ごせたかな?(*´ω`*)

 

 

ギザの三大ピラミッド

f:id:namesho:20170222113827j:plain

菅沼さんが撮影した写真には驚かされました。
なんと翔さんがフルメイクして三大ピラミッドを背に写っている写真!
雑誌の1ページか!っていうくらい、素敵に写っていらっしゃるー!!かっこいいよー!!(*゚∀゚*)
さすが、プロのカメラマンが撮った1枚は違いますね。
フルメイクだったし、写真がキレイだったし、ラクダまでいたから、最初見た時合成写真かと思ってしまいました、すみません((((;゜Д゜))))
まさかそんな写真を撮ってくれているとは思いませんでした。
ある意味サプライズですよ(笑)
もう1枚アップしてくれたフルメイクで写ってる写真もかっこよかった〜!

プライベート旅行だったのに、半分仕事のようにしてしまうとは…休みたい欲があまりないと言ってたけど、本当にその通りのようですね(((^^;)

でも死ぬ前にピラミッドが見たいっていう願いは叶えられたから楽しい旅行になってますよね、きっと(^-^)

 

 

ギザ駅からアスワンへ

ameblo.jp

寝台列車で11時間!の予定が、事故やトラブルがなかったにもかかわらず3時間遅れでアスワンに到着したそうです。
3時間って相当長いですよね(>_<)
なぜそこまで遅くなったのだろうか。
海外では、運行時刻が正確な日本はすごいと言われているそうなので、海外で運行時刻がずれることは日常茶飯事なのでしょうね…

 

 

アスワンハイダム

建設目的は、ナイル川の氾濫防止と灌漑用水の確保であるが、ロウ・ダムだけでは力不足であったために、当時のエジプトのナセル大統領がソ連の支援を受けてアスワン・ハイ・ダムを国家的事業として計画を立てた。高さ111m、全長3,600mの巨大ロックフィルダムである。

 ---アスワン・ハイ・ダム - Wikipedia

全長3600m!!

このダム建設によって水没の危機にあったアブ・シンベル神殿などいくつかの遺跡は、ユネスコの保存活動により移転されたそうです。
しかし、沈んでしまった遺跡群もあるとか…やむを得なかったんだろうけど、ちょっと悲しいですね。

 

 

ルクソール神殿 

 翔さんによると『何かの神殿』だそうです(笑)

エジプトのルクソール(古代のテーベ)東岸にある古代エジプト時代の神殿複合体である。もともとカルナック神殿の中心を形成するアメン大神殿の付属神殿として、エジプト第18王朝(紀元前1550-1295年頃)ファラオのアメンホテプ3世(紀元前1390-1352年頃)によって中心部分が建立された。

---ルクソール神殿 - Wikipedia

壁画は『ゼルダっぽい』とかコメントがじわじわきます(笑)

夜のルクソール神殿はライトアップされていてとても幻想的ですね。
古代エジプトに思いを馳せながら、しばらくはぼーっと見ていられそうです。

 

 

ハトシェプスト葬祭殿

f:id:namesho:20170222114025j:plain

こちらは翔さんによると『遺跡的な何か』w

 エジプト・ルクソール西岸にある古代エジプト唯一人の女性ファラオ、ハトシェプストが造営した葬祭殿

 ---ハトシェプスト女王葬祭殿 - Wikipedia

壮大ですよね!
古代の技術は本当に素晴らしい…シンプルだけど息を呑むほど美しい建造物だと思います。

 

 

カルナック神殿 アメン大神殿の大列柱室とオベリスク

f:id:namesho:20170224202218j:plain

こちらは翔さんによると、『神殿的な何か』だそうですw

観光地として有名なスポット。
見とれてしまうだろうなぁ。柱にまで壁画が描かれているようなので尚更!
あと、写真真ん中の奥の方にオベリスクも写ってました!天にそびえる1本の柱、記念碑のようなものだそうです。
長くて重いオベリスクを建てたその技術は本当にすごい!

 

 

カルナック神殿 開花式パピルス柱?

翔さんが『何だっけ…』とのコメントと共に貼られた写真は、パピルス柱っぽいです。

パピルスの花が開いたところを模していることから開花式パピルス柱と言われており、他にも閉花式パピルス柱やロータス柱など、柱にもいろんな種類があるようです(^^)

 

 

カジノ

エジプトにてカジノで楽しんだ翔さんたち。
使った額は3000円!?0がひとつ足りないとかじゃないですよね?(笑)
カジノってもうちょっと高いイメージがあったので、万単位のお金を使いそうでしたが…まさか3000円くらいとは!
ほんの少し賭けを楽しんだくらいでしょうか?(((^-^)))
使い方が翔さんらしいと思ったのは私だけではないはず……(笑)

 

 

エジプトの秋葉原

ameblo.jp

何が気になったかってサングラスの目のところにまでしっかりとモザイクかけてあったことですよ(笑)
サングラスの下まで見られないようにしてあるんですね(((^-^)))
抜かりないw

 

 

翔さんにたまたま気付いたガイドさん

ガイドさんがいつも見ているという日本語のエジプト情報サイトで、翔さんのブログ取り上げられていたらしく、歌手をやってる翔さんに気付いたそう。
ガイドさんもさぞびっくりしたでしょうね!情報サイトで見た人が目の前にいるんですもの!
ガイドさんにお願いされて書いたサインは、なぜだかお寿司が描かれていました。
日本っぽさを出した?(笑)

そしてサイン用紙はパピルス紙ですね! 

 

 

エジプトグルメ

どれもおいしそう!!
独特なものがありそうなイメージでしたが、意外にも日本人向きな味付けらしいので、エジプトグルメも十分堪能できそう(^-^)

旅行ではグルメも大事ですからね!

 

 

 

たくさん写真を撮ってアップしてくれたおかげで、自分もエジプトに行った気分に浸れました(笑)
翔さん、ありがとう!

ぜひトークイベント実現してください…!
めっちゃお話聞きたいです(((^-^)))
あと、ハンディカムで撮った写真も期待してます〜ヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

関連記事

namesho.hatenablog.com