読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりキリ★ひとりぼっちのキリッシャーブログ

キリッシャーのブログ。翔さんへの愛を叫んだり、翔さんが考えることを一緒になって考えてみたり、ゴールデンボンバーに関連する情報等をこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

ひとりよがり5 ひとり武道館ライブレポ【MC集】

ライブ

MC集です。

こんなこと言ってたなぁとうろ覚えでございます。
ちょっと言い方とか違うと思うので、あくまで「こんな感じか」と思って頂ければ(((;^-^)

 

 

◆すごく緊張してるとか…そんなことはいいか…まず注意事項言っておきます!
この公演には、他のメンバーは来ませんっっっ!!!
メンバー同士仲良いから実は遊びに~とか絶対ないから!っていうか嫌だから!一人でやると決めたら一人でやるんです!

→お決まりのセリフですね(笑)

 

 

◆MCの時くらいしか近くに行けないから、今のうち行っとこ(下手、上手、センターとステージをちょこちょこ動き回る翔さん)

 

 

◆今日は83の映画館でもライブビューイングをやって頂いてます。呼びかけてみようかな。おーい、おーい!

→「おーい」のときの声のトーンとか表情とかかわいすぎた(((^-^)))
心の中で返事しました!(笑)

 

 

◆これ高いんだよなぁ(ステージ上のお立ち台に上るときにぽつり)

→よいしょって感じで足を上げて上る姿にきゅんw

 

 

◆めっちゃのど乾く。飲んでも飲んでも…口の中からっから(ちょこちょことお水ちゅーちゅー)

→かわいい♡

 

 

◆曲を作るようになったのは、心の中のモヤモヤとかを吐き出したかったから。でも自分で作って歌って聴いて、そのモヤモヤが晴れるかといったらそういうわけではなくて…誰かに聴いてほしい、そして誰かが少しでも共感してくれたらモヤモヤがなくなっていくんです。
今回、悲愴と「a」もDVDになってたくさんの人に聴いてもらえて…成仏できると思います。

→成仏できる、かぁ…なんだかもうステージではこの2曲を歌わないのかなぁなんて思っちゃいますね。考え過ぎかな。

 

 

◆弾き語り用の椅子とマイクスタンドを持ってくる時と、片づけに行くときの言葉
「じゃぁ、椅子とマイク持ってくるからみんな濡れせんべいでも食べて待ってて」
「ちょっと生姜焼きでも食べて待ってて」

→濡れせんべいに生姜焼きwどこからそのワードは出てきたんでしょう(笑)
会場内は笑いに包まれておりました(^-^)

 

 

◆物販紹介
・グッズは生活がかかってるから大切なんですよ~。カラオケとか作詞作曲で入ってくる印税はグッズ売り上げを超えないんだからね!
だから他のメンバーもなんだかんだお金持ってるはず…

 

・カーディガンの紹介時、ファンからの「着てみてー!」の声に応える翔さん。
宣伝っていう意味もあるし、こっち着て歌っていいかな?こっちの方が汗吸うし←

 

・これは…シュシュ?ただの黒い塊にしか見えない…白は売り切れてるそうです。黒が好きな方はぜひ~。

 

・あとは…ポスター!きついねー、これ部屋の中に貼ってあったら心配しちゃうやつだよね(金髪くるくるヘアなV系タイプ出しながら)こっちはまだ…109のメンズ館に貼ってそうだよね?エスカレーターのとことか(黒シックタイプ見せながら)

 

・クリアファイルもあるんだ。こんなのを学校とか職場で見られたら近寄られなくなりそう(V系タイプ)仕事任せたくない←

 

・次は…スマホケース!あぁぁん!(中から説明書の紙が落ちそうになって素でびっくりして、思いもよらぬ声を発した翔さんw)説明書的な紙が落ちてきた…ふー…えっと値段は800円!(袋の中に戻そうとする翔さんに、客席から戸惑いの声が)あれ?違った!?(慌てて袋から取り出して値段を再確認)…4800円だ…本当に申し訳ありませんっ!!(体を小さく丸めて土下座)高く言うならまだしも思いっきり安く言っちゃった(汗)

→説明書の紙が落ちそうになった時のかわいすぎる声と言い、値段間違いからの土下座をする翔さんが愛しくて愛しくて(笑)悶えそうになりました←
おもしろかった~!

 

・さっきの800円のくだりでちょっと緊張ほぐれた(笑)

 

 

◆これ話してもいいかな?武道館って本当に下ネタNGで、前研二さんがち○こ出しちゃったとき、まじでNGくらって…そもそもここは武道をする場所ですからね!いや…そう考えるとどこでもやっちゃだめだよね。ち○こ出せば面白いと思ってんだよな、研二さんと俺。最近は淳君も出し始めちゃって…

→淳さんまで!?圧倒的影響力(笑)

 

 

◆アンコール演出
(スクリーンに映し出されたのは、倒れた翔さんw)鬼龍院翔は疲れ果てて倒れてしまった!
復活(?)させるにはみんなの声が必要だ!
一言でもいいから「アンコール」を!

そのあと、「このラインに来たらみんなアンコールって言ってください」とスクリーン上での翔さんの指示が!
ラインの下からは、武道館とライブビューイング全会場のリストが流れてくる。
ラインと自分たちのいる会場名が重なったら「アンコール!」を叫ぶという、すばらしいアイディア♪
いつ来るのかそわそわしながら、自分のいる会場の名前を待ちました~。
最後は、みんなで「アンコール!」と言って、翔さんが出てきてくれました。

→会場全体が楽しめる仕掛け、本当に楽しかったし、嬉しかったです!!

 

 

◆(ファンからの「かわいいー!」の声に対して)どんどん劣化していくんだそー!かわいいだけならセクシーゾーンさんに流れてっちゃうよ。かわいくてパフォーマンスも完璧だから、僕がこうひねくれちゃったんだな。

→翔さんのかわいさは、セクシーゾーンさんのかわいさとはまた違うかわいさというか(笑)
なんていったらいいんでしょうね~。
翔さんが何と言おうと、かわいいものはかわいいんだ!

 

 

◆なんかやっとのれてきたぞー!8割方緊張で終わってるよ。

→ラストに近づくにつれて声がよく出ていましたね。最初とは違って、安定感もあり、思い切り歌えているのがよくわかりました。

 

 

◆(全ての曲を歌い終えて、ステージから捌けるとき)やっぱり僕は激しくやってる方が性に合ってるな。
こっちも楽しいんだけどね。
やっぱりゴールデンボンバーに頼りたいや。

→「えへへ」って感じで翔さんが笑いながら言ってて、私は本当にボンバーさんのファンでよかったなって思いました。同時に、これからも着いていきます!と改めて決意。
ゴールデンボンバーありきのひとりよがりの舞台であることは、翔さんが毎年言っていることですが、こうしてはっきりと「ゴールデンボンバーに頼りたい」と翔さんの口から出てくるとは思わなくて。
すごく大事にしているのが伝わってきました。
ボンバーさん最高!本当に!!

 

 

 

 

MCもだだーっと書き連ねてしまいました(> <)

 

 

とにかく、翔さん、そしてゴールデンボンバーのことがやっぱり好きだと強く感じたひとり武道館ライブでした!

 

 

 

 

 

 

 

★関連記事