読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりキリ★ひとりぼっちのキリッシャーブログ

キリッシャーのブログ。翔さんへの愛を叫んだり、翔さんが考えることを一緒になって考えてみたり、ゴールデンボンバーに関連する情報等をこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

翔さん、動画作成ってとっても大変な作業ね

キスミー

お久しぶりです…!
長らく更新できずごめんなさい。

夏に参戦したライブのこととか、書きたい事がいろいろと溜まっているのですが、まずは現状報告させて下さい( ˘ω˘ )

 

今年1月に婚姻届けを提出したことをこのブログでご報告しました。
それから結婚式を執り行うことを決め、10月10日、結婚式を無事に終えてきました!

f:id:namesho:20151013232307j:plain



9月に入ってから本格的にバタバタし始め、10月に入ってからも、式の前日までバタバタとしておりました。
いろいろと私の準備が遅かったせいですが…(笑)

今やっと落ち着いて、久しぶりにブログを書いている次第です。

式場を決めるところから、今までを振り返ってみようと思います。

 

6ヶ月前:ブライダルフェアへ

3ヶ所見学して、式場を決定しました。
ブライダルフェアへ参加するにあたって、決めておくことや心構えを書いておきます。

 

1.挙式日・時間・招待予定人数・予算などは、ある程度しっかり固めておくこと
ブライダルフェアでは必ず確認されます。
決まっていると話も進みやすいですし、具体的な予算もわかります。
会場によっては、予定人数を大幅に下回ってしまった場合、割引が適用されなくなるなんてこともあります。
最低人数で出してもらっておくと安心かもしれません。増える分には問題はないでしょうから!

 

2.譲れないポイントを決めておくこと

ここだけは外せないというところは、式場決定の決め手になる部分ですよね。
フェアに足を運ぶまでに決めておいた方が、判断がしやすくなると思います。

・予算内に費用が収まること
・アクセスがいいこと
・料理
・スタッフの対応
・プランナーさんとの相性
・式場の雰囲気
・やりたい演出ができそうか

などなど…
自分たちのなかでのこだわりポイントをクリアした会場なら、後悔することないはず!
私は最初曖昧で、後悔する羽目になりました…次にそのお話を紹介します…(((;^-^)

 

3.流れで契約はだめ!冷静な判断を!

当日成約特典などで予算が大幅に下がり、「ここにする!」という気持ちが強くなくても、気持ちが揺れることがあります。もちろん予算も低いに越したことはないので、重要な部分ではありますが、曖昧な気持ちのまま、その場の流れで契約してしまうと絶対後悔します。

※デート感覚でブライダルフェアに行き、後悔した話
私は1件目で即契約する気はなかったのですが、当日特典と、「お日柄がいい日はすぐに埋まってしまいます。今なら空いています。」というようなプランナーさんの言葉に心が揺らいでしまい、『会場は素敵だったし、今だと特典がたくさんついて安くなるからいいかな』くらいの気持ちで契約をしました。
その場で契約金を支払い、家に帰りましたが、冷静に考えてみたら『勢いで決めちゃったけどこれでよかったのかな』とか『他の会場も見てみればよかった』、『交通の便とか会場内の作りがゲストには大変なところがあるかも』と契約したことを後悔するばかり…ずっとモヤモヤだったので、他の式場を検討し1件目の式場は契約を破棄することになりました。
契約金の半分は戻りましたが、勿体ないことをしてしまったし、プランナーさんをはじめ夫にも迷惑をかけてしまいました…

ブライダルフェアでは、綺麗に装飾された会場を見ることができるのでテンションがあがります。
冷静な判断がしづらくなってしまいがちなので、契約する前には必ず『本当にここでいいのか』、『後悔しないか』を考えてから契約して頂きたいと思います。

 

 

4~5ヶ月前:衣装選び・招待客のリストアップとお声掛け

★衣装選び

無事に式場を決定したあとは、女性にとって一番の楽しみであろう衣装選びが始まります!
本当に楽しかったです。いろんなタイプの衣装を試着させてもらいました。
写真もあらゆる角度から撮ってもらい、スマホの中には試着写真がずらり(笑)
1回の衣装合わせで3~6着程試着。3~4回くらいは衣装選びに衣装屋さんへ行きました。
夫は1回で終了。流石男性は決めるのも早いです。バリエーションが女性ほど多くないというのもあるでしょうけど(笑)

 

★招待客のリストアップとお声掛け

親族はどこまで呼ぶのか、友人は誰を呼ぶのか、職場の人は呼ぶのか…最大収容人数は決まっているし、夫側との兼ね合いもあるので、リストアップには相当頭を悩ませられました。

呼ぶか、呼ばないか…人数に余裕がありそうなら、迷った人にも声をかけていいと思います。
私にも呼んだら迷惑かなと招待するか迷っている人がいたのですが、呼ばずに後悔するよりは、声をかけて相手の判断にお任せしようと思い、お声掛けしました。
相手のことばかり気にしていると、なかなか前に進めませんでした。なので、呼びたいと思った人に声をかける、シンプルにこのスタイルでいいのではないかなと思います。

 

3ヶ月前:招待状の発送

招待状は式場経由で注文しました。
招待状のカタログの中から、デザインと文面、部数を選んで発注。
予備も含めて多めに注文しましたが…結局使わずにたくさん余ってしまいました(笑)

招待状の宛名書きは自分でしました。
封筒に名前書くのって本当に神経使います。
60名くらいでも大変だったので、それ以上の宛名を書く方はもっともっと大変だと思います。

最近はあんまり気にされる方はいないかもしれないですが、一応お日柄のいい日に招待状を発送しました。

 

 

2ヶ月前:人数の仮決定と引出物選び

★人数の仮決定

返信ハガキがぼちぼち返ってくる時期です。
返信に関して…主催者側に立って思ったことがひとつあります。

招待状が届いたら、すぐ返信しよう…!

それが当然という方も多くいらっしゃるでしょう。
ですが、私は『まだ期日まで日にちあるし、打診の段階で出席すると伝えてあるからまだいいか~』とすぐに返信していませんでした(((;^-^)
主催者側に立つと、『まだあの人からは来ないなぁ』と待ち遠しいものです。
打診の段階で出席の返事をもらっているとはいえ、やはり気になってしまって。
なので、これからはすぐ返信します\('Д';)/

期日になっても返信ハガキが届かない場合は、こちらから「招待状は届いていますか?」と確認してみましょう。
私のゲストの中にも何人かいました。
「うっかり出し忘れていた」これが一番多かったです(笑)

返信はがきが集まったところで当日の人数が決定します。

 

★引出物選び

これもたくさん悩みました(> <)
親族は、親に相談しながら決定。
その他、友人、職場関係は自分たちで決めました。

かわいらしいもの、自分では買わなさそうなものを選びました。

引菓子は、バウムクーヘンにすることだけは決めていたけど、たくさん種類があって、これも迷いました。
色んな種類のバウムクーヘンの試食でもできればいいのですが、そんな機会はなく…
式場からもらったカタログの中で、よさそうなものを見つけては、ネットで口コミを見て、絞っていきました。
最終的に残った1つのバウムクーヘンを個人的に取り寄せて、試食。

 これなんですが、木箱に入ってるんです。
バウムクーヘンも、しっとりしていて、素朴な甘さでおいしかったです。
見た目もおいしさもGOODだったので、これに決めました(^-^)

 

 

 1ヶ月前:席次の決定・曲選び・ヘア、小物、装花打合せ・写真、映像関係の打合せ・見積書の提示

 ★席次の決定

だいたいグループごとに振り分けることができたので、あまり苦労はなかったです♪
よかった…!

 

★曲選び

決まるところはすんなり決まったのですが、なかなか決められないところもありました。
ネットで情報収集しつつ、決めていきました。
使った曲のことも別記事で書きたいなぁと思っております。迷っている方の参考になればと…!

 

★ヘア、小物、装花打合せ

それぞれの専門家の元、細かく決めていきました。

美容室で髪型の打ち合わせをする際は、雑誌やネットで理想の髪型を見つけてから行かれることをお勧めします。
これ!というのが決まらなくても、ある程度の形は決めておいた方が、美容師さんも髪型を作りやすいです。
美容師さん曰はく、この部分だけ真似してほしいとか、そういう要望でもOKとのことでした。
なので、気になった髪型はすぐに写真に撮るなどして保存しておきましょう!

 

小物は、衣装屋さんで、実際に着るドレスを着用しながら打合せをしていきました。
小物を借りるにもお金が必要で…とほほ…でした(;^-^;)
ティアラは、結婚指輪を購入した4℃で借りました。

f:id:namesho:20151013192603j:plain

デザインが気に入ったのはもちろん、衣装屋さんよりレンタル料金も安く、2500円くらいで借りれました♪
当日は、着付けのスタッフさんからも、「すごくキラキラしてて、綺麗ですね」と褒めて頂けましたよ(((^-^)))

 

装花のコーディネーターさんと、ブーケ、会場内の花、頭に飾る花、それぞれ打ち合わせをしました。
その時にテーブルクロスの色も選択しましたね。
お花の色は、ほとんどコーディネーターさん任せです。
自分たちはセンスないし、よくわからないし(笑)
当日は、会場の雰囲気にぴったり合った装花だったし、ブーケもヘアードも大満足でした♪

 

★写真、映像関係の打合せ

外注はせず、式場に頼みました。
最初は外注を考えていたのですが、外注だと制約があるようだったのでやめました…
式場のアルバム付500カット撮影のプランはとても高かった…
データだけもらえないか相談したところ、最低ランクの簡易アルバム付250カット撮影プランだったらデータも渡すとのことだったので、そのプランに決定。
アルバムは外注しようと思います。

挙式・披露宴のビデオ撮影も高いのでやめました。

プロフィールムービーは無料で制作してくれるという特典がついてたのでそのまま依頼。
写真を選びに、実家へ帰って、アルバムを漁りました(笑)
写真選びもそうですが、それに対するコメントを考えるのにめちゃくちゃ苦労しました。状況説明みたいになっちゃって…
その時の感情とか、思い出を織り交ぜて、なんとか考えました(((;^-^)

そしてエンドロールムービー。
今ではよく見かける撮って出しエンドロールムービーを私もやりたかったのですが…これもすっごく高いんですよね…
ビデオ撮影がない分、5分弱でもダイジェスト版の動画がほしかったけれど、泣く泣く諦め、自作することに決めました。

 

★見積書の提示

人数・引出物の個数、その他打ち合わせで細かく決まったこの段階で、見積書が出されました。

写真のアルバム付き500カットプランとエンドロールムービーは、この見積書を見て、諦めたんですよね。
予算がかさんで削るところといったら、写真・映像関係くらいで…それに料理を一品追加したかったので、ここを削って料理に充てました。
写真のプランを下げて、エンドロールムービーをなくしたことで、料理を一品追加しても、25万くらい浮きました。
宝くじでも当たれば全部やりますけどね~(笑)
予算から足が出たときに、どこを妥協するかをしっかり考える必要がありますね。

 

その他、司会者との打合せや、料理メニューの打合せも行いました。

 

式前々日まで:エンドロールムービーの作成・席次表、席札の作成・花嫁の手紙

2週間前くらいからでしょうか、怒涛の日々が続いておりました。

 

★エンドロールムービー

エンドロールムービーの構成がなかなか決まらなくて、考えている間に時間がどんどん過ぎて、バタバタでした。
決まってからは、必要な素材を集めたり作ったり。
編集にも時間がかかるわ、書き出しにも時間がかかるわ(5分もない映像でも書き出しに1時間以上かかりましたorz)で、動画作成の大変さを実感しました。
翔さん、キャンさん、動画編集ってこんなに大変なんだね≡⊂(;^-^)⊃
ライブに撮影にと忙しい中、クオリティの高い動画を作るんだからすごい、改めて尊敬!
ひとりよがりの季節もすぐにやってくるし、もうそろそろしたら翔さんもまた動画作成に打ち込む日々が続くのかな。
「あしたのショー」で流れる動画、毎年の楽しみになってるんだなぁ。
今年は直接観られないけど、DVDで観られるなら行けない私にとってはそれでも十分(^-^)

 

★席次表、席札の作成

加えて、出費を抑える為席次表と席札も手作りに。
ネットで注文して、テンプレートを書き換えて印刷して、折って…これもなかなか時間がかかりました。
私たちが購入したのがこれです↓

プリンタはCanon MG7130を使用。下のトレイに用紙をセットして印刷しました。
たくさん入れると用紙がひっかかってずれたりしたので、5枚ずつくらいちょこちょこ入れながら印刷しました。

式場で注文すると倍ぐらいの値段がするので、手間はかかりますが手作りにしてよかったかなと思っています。
ただこの席次表、リボンを自分で結ばないといけなくて、それが結構時間かかって大変でした。
それと、席次表と席札で色を合わせられるなんて思ってたんですが、席次表は受付の時に渡すから色は合わせられないということに印刷した後に気づきました…お気を付けを(笑)

 

★花嫁の手紙

これも早くから書いていればよかったのに、1ヶ月をきってから書き始めました。
いざ書くとなるとなかなかうまくかけないものです。

出だしと結びはネットで見た情報を参考にしました。
両親のエピソード部分は、自分の中で印象に残っていること、感謝していることなどを具体的に書き出して、文にまとめていきました。

 

この他、ウェルカムボードの作成も並行してやってました。
あとは、ブライダルシェービングに行って、顔や背中の産毛を処理してもらいました。
エステもやりたかったけど、高かったのでこれも断念。
ネイルも自分でマニュキア塗って済ませました。
そうそう、子どもゲストが5人くらいいたので、その子たち向けにお菓子の詰め合わせを用意しました。5人のうち1人はまだ赤ちゃんだったのでぬいぐるみを♪
お見送りの際に渡すプチギフトもこの時期に注文しました。

 


式の前々日まで、やるべきことを詰め込んでやってたなぁ…
朝の6時、7時まで作業した日も何日かありました(笑)
自分で作るのは大変だけど、その分できたときの達成感は半端ないです\(^-^)/
翔さんたちも、そういう達成感をたくさん感じてるんだろうな。

もし、ウェディングアイテムを自作される場合は、早め早めにやりましょう!
私みたいにバタバタすると夜も寝ずに作業して、お肌が荒れます←
当日はプロのメイクさんが、肌荒れ個所はうまく隠してくれましたけどw

 

式場決定から、長いようで短かった半年間。
式もあっという間に終わってしまいました。
すごく楽しかったし、ゲストからも「良い式だったよ」と言ってもらえて本当にうれしかったです。

友人を始め、親族もたくさん写真を撮ってくれて、式が終わってからは、しばらくLINEが鳴りやみませんでした(笑)
みんなが写真を送ってくれたんです(´;ω;`)

結婚式を通して、改めて、たくさんの人たちに支えられているんだなぁと感じました。
本当に幸せ者です。

 

 

長々とすみません(;'Д';)

 

 

 

最後にひとりよがりのことで一言。二言。

ひとりよがり武道館公演、来たくても来れない人のために何かしてくれようとしているその気遣いだけでもすごく嬉しいです。DVDは絶対買います!

でも…ぜひライブビューイングもお願いします。
翔さんと同じ時間を共有したいので、切実に…(≧人≦●)