ひとりキリ★ひとりぼっちのキリッシャーブログ

育児中キリッシャーのブログ。ゴールデンボンバーのことや育児のことなどをこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

ヘッドホン難聴にならないために

ただいま実家へ帰省中です。
我が家に仲間入りした子猫ちゃんを見るために、帰省しました(笑)
そんな私の帰省手段は、電車。
電車でのお供はウォークマン
電車の中だと、いつもより音量を大きくしてしまう…私を含め、そのようになる方は多いと思います。
それって危険かも…!?
ヘッドホンやイヤホンで音楽を聞くときも、音量に気を付けないと…難聴になってしまうかもしれません。

でも…電車の中でも好きな音楽を聞いていたいですよね。
そこで、今回はヘッドホン難聴にならないために気を付けることをまとめてみました。

 

ヘッドホン難聴って?

f:id:namesho:20160407140433j:plain

音響外傷のことです。
音響外傷とは…

音響外傷」は、大きな音を聞いたことが原因で、内耳の蝸牛の有毛細胞が障害されておこる感音難聴です。


--- 若い人にも多い難聴3 音響外傷(ヘッドホン難聴)|東京都 中央区 耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック

 

明らかな大音量でなくても音響外傷をおこすこともあります。ヘッドホン難聴とも呼ばれるもので、毎日のようにヘッドホンやイヤホンで大きめの音を長時間聞いていると、徐々に蝸牛内の有毛細胞が傷つけられていきます。


--- 若い人にも多い難聴3 音響外傷(ヘッドホン難聴)|東京都 中央区 耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック

ライブ会場のような音ではなくても…ヘッドホン等で長時間音を聞き続けることは耳への負担が大きく、音響外傷になる原因になってしまいます。

 

ヘッドホン難聴になってしまう原因は?

1. 大きな音を聴くこと
音が大きいほど、耳にかかるダメージが大きくなります。100デシベルの音を15分以上聴くと難聴になりやすいといわれています。ちなみに、目安としては列車が通過するときの高架下の音の大きさが100デシベル。携帯音楽プレーヤーは、電車の中で聴くことも多いため、電車の騒音に負けないように知らず知らず音量を上げていて、結果的に大音量で聴いていることが少なくありません。

2. 長時間聴くこと
たとえ適正な音量であっても、長時間音楽を聴くのは耳にダメージを与えることになります。最近は、長持ちする充電式電池のおかげで、携帯音楽プレーヤーでは何時間も音楽を聴き続けることができるようになりました。そうなると、耳は休む間もなく、繰り返し騒音にさらされている状態になります。

3. 周波数が高い音を聴くこと
周波数の高い音ほど、耳に与えるダメージが大きくなります。スピーカーから音楽を聴くときは、高い音の周波数は空気中を伝播する間に弱まりますが、ヘッドホンでは、あまり弱まることなく耳に伝わってきます。
--- 気をつけて! ヘッドホン難聴がふえています | 耳鼻咽喉科 | +Wellness プラスウェルネス

…電車で音楽を聞いている身としては、別の意味で耳がいたくなりますね(´・ω・`)
電車の中では、確かにいつもより音量を大きくしていました。
長時間電車に乗る時こそ、ウォークマンで音楽を聞いていたので…2、3時間は少なくとも聞いていました。
途中、再生したまま寝たりもしてたし…寝てても耳は常に音を聞いているわけだから、耳の負担になっていたのは間違いないですね('-'≡'-')

好きな音楽でも、大音量で聞けば、耳にとっては騒音にしかならない…(((・・;)
ヘッドホンやイヤホンで聞くときも、騒音にならないように、耳への配慮をする必要がありますね。

 

ヘッドホン難聴にならないために気を付けること

連続1時間以上は聞かない
1時間聞いたらヘッドホン・イヤホンをはずし、5分程度は耳を休ませます。 また、体調が悪いときなどはヘッドホン・イヤホンで音楽を聞くのを控えましょう。

ヘッドホン・イヤホンをつけたまま会話ができる音量に
音量を上げすぎないのがポイント。
目安はヘッドホン・イヤホンをつけていても外部の会話が聞こえる程度に音量を調整しましょう。
--- 若い人にも多い難聴3 音響外傷(ヘッドホン難聴)|東京都 中央区 耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック

ヘッドホンで音を聴いた時間の3倍は耳を休ませて下さいという情報もあります( 気をつけて! ヘッドホン難聴がふえています | 耳鼻咽喉科 | +Wellness プラスウェルネス )
耳にも十分な休息が必要のようです。
目と同じように、こまめに休息することが大切ですね。
※ちなみに今、スマホの画面を見続けていて目を酷使している状態…気休め程度ではありますが、『超ブルーライト削減』というアプリを使って、画面から出るブルーライトの削減をしてます(^-^)
眩しい感じがなくなります。お好みで加減できるので、気になる方は使ってみてはいかがでしょう?
Googleplayストアでダウンロードできます♪


電車の中での音量の目安は、ヘッドホン等をしても周りの声が聞こえるくらい。
静かなところで聞こえる音量を、電車の中で聞くときもキープするといいようです。

 

実際にやってみた

上記の注意事項を踏まえて、電車の中で音楽を聞いてみました。

音楽を聞く時間は大体一時間くらいにしました。
他の時間は、ボーッとしてたり、このブログを書いたりしてました(笑)
次からは、本を持ってこよう(⊃-^)

音量も、周りの声が聞こえるくらいに。いつもより3、4くらいボリューム落としましたね。
やはりちょっと物足りない感じがしましたが…耳のことを思えばまぁ許せる範囲の音量です(笑)


音響外傷の怖さを知った今、ちょっと敏感になってます(((^^;)
でも壊れてしまってからでは遅いので、できる限りのことをするつもりです!

ヘッドホンで聞くときも音量に注意して、耳を労りながら音楽を楽しみましょう!(^-^)

 

 

 

 

★関連記事