ひとりキリ★ひとりぼっちのキリッシャーブログ

育児中ぼっちキリッシャーのブログ。ゴールデンボンバーのことや育児のことなどをこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

翔さん、情熱大陸観たわ

30分にまとめられた情熱大陸、とてもよかったです。

 

 

【紅白について】

2年連続「女々しくて」を歌うことについて問われると、紅白に出場できることはありがたいということ、別の大ヒット曲を出せばそっちになるから自分の力不足だということを言っていました…

女々しくて以外にも良い曲をたくさん知っているファンとしては、ちょっと胸が痛むなぁ…

本当に厳しい世界なんだなぁ…

 

【ファンの心を掴む歌詞】

情熱大陸では、女々しくて以外の曲をBGMとして使ったり、サビ部分をピックアップし紹介していました。

 

ファンの心を掴む切なげな歌詞、失恋や片思いを題材にしたものが多い…という説明後、歌詞と一緒に紹介されたのが以下3曲。

◆さよなら冬美

また君に番号を聞けなかった

◆忙しくてよかった

 他にも「酔わせてモヒート」、「僕クエスト」、「らふぃおら」、「a」、「Reue」等も流れました。

テレビで流れたことで、ゴールデンボンバーって「女々しくて」以外にもこんな曲もあるんだって知ってほしいですね。ファンとして。

 

【作詞姿】 

流石密着取材ですね。

マックで作詞をするのは「身の回りに人の息吹を感じるほうがいいフレーズが浮かんでくるから」だそうです。

 

なぜ片思いや失恋の曲が多いのか聞かれると…

両想い等の状態で安心してしまうと曲くことがなくなってしまう。

会いたいけど会えないとかもんもんとした状態だと曲になって出てくる

と答えていました。

 

 翔さんの曲は、聞けば聞く程好きになります。

ファンの方の声でもありましたが、本当、歌詞が深いです。

 

【PV撮影風景】

お弁当を食べる翔さん。

ご飯にのっかってる「うめみたいなやつ」はあまり好きではないらしい。

(PVメイキングでそう言ってました)

緑黄色野菜が苦手な翔さんは、最近、レタスとかを食べているそう。

味が濃くない野菜って…他になにがあるかな。

きゅうりとかは食べれるんだろうか…('-'≡'-')

体のためにもがんばって野菜食べてね…! 

 

【収入について】

曲がヒットしたことで、たくさんの収入を頂いたという翔さん。

そのことについて聞かれると、

・口座を見てこれだけ頑張ったんだな

・ちゃんと頑張ろうという自分への戒めみたいにお金を見て使っている

といったことを答えていました。

 

すごいことだと思います。

お金がたくさん入ってきても変わらない翔さん…そういうところが好きです。

 

【音楽教室について】

プロ向けの音楽教室で出会った先生と再会。

その先生曰く、クラスの中で最年少だったけれど、持ってくる曲は一番クオリティが高かったそうです。

…やはり翔さんは音楽の才能があったんですね。

それを見抜く先生も素晴らしいです。

コンピューターミュージックについて教えてくれたのも、音楽教室の先生だったそうです。

 

20歳の時に翔さんが自作した「a」が初公開されました。

音源にはなっていない曲です。

私はひとりよがりの時に初めて聞きました。

この曲のギターについて、先生のアドバイスがあって、スライドのギターを入れたところがあると言っていました。

…もう一度フルで聞きたいなぁ。

 

【ひとりよがり】

吸入器を使っているところが映されていました。

ここ辺りは密着取材だからこそだなぁと思いました。

メイキング映像等では見られない姿ですから…

翔さんは、生放送で声が裏返ってしまった経験があって、それがトラウマになってしまったと言っていました…

高い声を出そうとすると、力んでしまい、そこからバランスを崩していったと…

たくさんのたくさんの努力があって、去年のひとりよがりが成功したんだ…!

 

「Reue」はもしかしたら外すかもって言っていたけれど、公演では外すことなく終始綺麗な歌声でした。

歌への自信…取り戻しつつあるのでしょうか。

そうだといいな。

 

【新年の抱負】

「目の前のことをせいいっぱいがんばる」

確かに…そうですよね。

私の胸にも響きます…今できることをしっかりやらないと…!

 

最後にこんな質問がありました。

----今年も生き残れそうですか?

この問いに、「テレビ業界はわかりません。でもゴールデンボンバーとしては生き残りますよ、たくましく!」と答える翔さん。

か、かっこいいー(⊃-^)

絶対生き残れるよ!

 

そんなこんなの30分。

あっという間だった…本当に3ヶ月分全部見たいな…(((^-^)))

広告を非表示にする